ブログ「心にビタミン」&セミナー案内

数十年の時を経て...


 

kimono1.jpg

 


やっとこの年になり着物に興味が出てきました。
お煎茶を習っていることもありますが、やはりきっかけは…自宅に着物が沢山あるということ。

母は着物が好きで家でも着物をよく着る人でした。また、自分や私、姉の着物も縫っていました。

その母は若くして亡くなりました。
着物の話を聞くこともなかったのですが、おそらく自分でこれから着ようと思っていた物、私のために仕立てようと思っていた物が反物でいくつもありました。

着る機会もないし…あまり興味もなかったのですが…
不思議です。人生後半になると次第に興味が出てきたのです。
私は着物の知識がないので、友人から専門の方(素敵なご夫妻)を紹介してもらい、自宅へ来ていただき見てもらいました。
数十年眠っていた着物との出会いです。

驚いたのは、母が着物にかけていた情熱です。ほとんどが京都に染めに出していた高価なものでした。
恐らく自分のものとして用意していたものもあれば、私のために年代ごとに合った着物が準備されていました。
何十年も手入れはしていなかったのですが、ほとんど傷んでいないとの事。

なかなか着る機会もないし…と、思っていましたが、機会を作ろうと決めました。
まずは「大島紬」!大島紬があることも驚きです。

母が来ていた着物も素敵なものもあり、「これは今直ぐにでも着れますよ」とのこと。

「お母様が涼子さんのことを大切に思っていたことが分かりますね。きっと今頃喜んでいらっしゃいますよ」
と、奥様からの言葉でウルウル。
「やっと、興味を持ってくれたのね!」と母は喜んで微笑んでいるように思います。

さて、出来上がったらどこへ着ていこうか…今から楽しみです。

 

kimono2.jpg