ブログ「心にビタミン」&セミナー案内

アクラス中央病院 宿泊研修参加者からの感想です。


 

集合写真.jpg

 


8月4,5日に実施した、宿泊研修の参加者から感想をいただきました。一部紹介いたします。

1.プログラムの中で、印象的だったことは何ですか?
●無人島ゲームです。ゴールが出ない状況で集めたアイデアでも、チームで協力し、否定せず考えていくことで商品化まで行きました。初めから与えられている時よりも、夢があり、発想豊かなものになっていました。普段の仕事に置き換えると、会議や話し合いで出た意見も否定せず、どのような考えや気持ちをもって伝えているのか、またそこからどのように発展させていくかで、最終的には良いアイデアになる可能性を感じました。固定概念を持たずに様々な人と接することの大切さに気付きました。

●無人島ゲームです。自分が選んだ一つの道具から、会社設立への発展が予想外で印象的でした。自分自身だけでの考えでは限りがあるが、グループのメンバーそれぞれの意見や色々な視点、アイデアが集まりより良いものが完成したこと。また、その過程で皆が楽しみながら、誰の意見も否定することなくグループワークできたので、楽しく集中してアッという今の時間だった。こんな風に病棟でも同じ目的に向かって意見を出し合えたらなぁ…と、感じました。

●プレゼントカード(フィードバック)です。2日間一緒に過ごした仲間へプレゼントカードとしてフィードバックしていく。一人一人のことを考え、相手の良い所を見つけていくのは、良いコミュニケーションを構築し、チームビルディングを行っていく中で大切と感じました。皆からいただいた言葉に元気づけられ、もっと自分を知ってもらいたいと思いました。

●コラージュです。オフサイトmtgの時とは違い、テーマを基に各グループで実施すると、ベクトルは一緒ですが、それぞれ形が違うものができたのでとても面白かったです。ただ、この結果は密に過ごした1日目があったからこそテーマが生まれ、共有する思いが通じたと感じています。


2.宿泊研修での気づきは、これからの仕事や生き方にどのように活かせそうですか?
●無人島ゲームで持ち寄った物はバラバラだったが「シンボル」を決めたことで纏まっていったことを考えると、シンボルは形あるものに限らず、理念や基本方針など皆の目指す方向性(道標)として必要なものであると再認識した。

●カンファレンスに活かせると思いました。皆それぞれの看護観や想い、一人では作り出せない考えられない事でも、皆となら何でもできると思いました。チーム作り、病棟、病院の組織づくりにも多くのことでも活かせると思いました。

●今は、どうやって病棟に伝えていけばいいか色々と考えています。ゲームを取り入れたり、皆で意見を出しまとめていったり、研修で楽しいと思ったことを、”今の病棟”に必要なことから、優先していきたいと思います。研修を通して自分が感じた幸せな気持ちを皆にも伝えられるようにしていきます。

●今後のプロジェクトチームを作る際のヒントとなりました。

3.研修全体を通して、ご意見、ご感想をお書きください。
●他部署の方と業務以外で話す機会も少なかったのですが、皆さんの色々な一面を知ることができ、素敵なスタッフの方々と一緒に仕事ができていることに感謝だなと、感じました。

●一人の力では小さな力でも、皆が揃うとこんなにも大きなチーム力が生まれることを実感できました。とても心強く思いました。人との関わりの大切さ、人を一部の面で判断せず、相手の多くの面を見て判断する事。見えていない魅力発見があること。二日間という短い期間で学んだことは今後のチーム作りに活かせる研修でした。

●ディスカッションやグループワークで他部署のスタッフの意見を聞くことで、自分の同じような思いを持っていたり、また看護部に対する思いを聞かせていただき、今後部門を越えたり関わりを強くしていきたいと思いました。



まだまだ多くの感想をいただきましたが、一部ご紹介いたしました。
全員で作ったコラージュは、現在院内の職員掲示板に掲載しています。