ブログ「心にビタミン」

ゆきデンタルクリニック コミュニケーション研修

7月末、「ゆきデンタルクリニック」様(佐賀市内)のスタッフ研修を実施しました。

今年5月で開院10周年を迎えたクリニックの節目の時、数か月前に院長の矢島先生と出会い「20年目に向けてのキックオフ」をテーマにコミュニケーション研修を実施しました。

何年たっても初めてお会いする方々とはちょっぴり緊張感があります。それはきっと相手もそうだろうと思いますが、クリニックの自動ドアが開き、笑顔で挨拶を交わすと、もう一瞬で緊張感は無くなりました。😆😁

全員で集まった今回のような研修は初めてとのことでしたが、グループワークもロールプレイングも皆積極的。あっという間の4時間でした。今回一番印象に残ったのは、研修後の振り返りです。

研修後に感想(振り返り)を頂くのですが、今まで多くの医療機関や企業で研修をしてきましたが、初めてと思える質問を頂きました。それは、私の研修内容に興味を持ち

🍀どのようなところで勉強したのですか?

🍀そのスキルや考え方はどこで学べますか?

🍀お勧めの研修や本を教えて下さい   など

そして、早速私が勧めた本を購入したとの報告があったのです。

 

チーム作りを自分事として考える人の多いことに感動です。

『自分事として考える』これはコロナ禍の今、特によく耳にするようになりました。それを今回の研修で参加者のスタッフから感じ、刺激を受けたのです。今、私の研究課題になりました。

矢島先生、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

 

■掲載許可を頂いた方の振り返りを一部紹介いたします。

・塩田先生は、現場でありがちな具体例を出して解説してくださるので、自分に置き換えることが容易で自分を客観視しやすかったです。自分が楽しく仕事をするための手札が増えてラッキー!と、前向きになれる楽しい研修でした。

・「自分が聞きたいように聞いているかも。相手の目的や意味が理解できているかいちいち確認する必要がある。同じように、自分の目的や意味が伝わっているかも、確認する必要がある。」と、気づきをいただきました。

・研修すごく楽しみにしていました。今の自分が変われるチャンスだと思っています。凝り固まった考え方を見直さないと常々思っていました。また多少の恥ずかしさはありますが、肯定的なメッセージを伝えてスタッフみんなHAPPYの空間を率先して作りたいと思います。

・コミュニケーションは失敗もある。というお話を聞き、自分が苦手だなぁと、思う人にはどうしても引いて話をしていたのですが、今日の話を聞いて引いたままだと成長しないので、積極的にどんな人でも挑戦していきたいと思います。

お問い合わせお問い合わせ